Mr.Children6thアルバム『BOLERO』
   
   
  1:prologue
  2の曲へとつなげるインスト曲。
  なんか西洋ヨーロッパを連想させられるような感じですww
   
  2:Everyrhing(It's you)   作詞:桜井和寿   作曲:桜井和寿
  1曲目が途中で途切れていて、
  この曲の最初に1の最後が入っている感じですね。
  ですのでシングルVerとは一瞬違いますww
   
  ロックバラードの曲で、何故かじぃんと来ますね。
  サビではかなりベタだなぁ...と思いましたね。
   
  歌詞は当時の桜井さんの心境を描いたモノなんでしょうか...。
   
  サビの女性のコーラスもイイ。
   【評価】★★★☆☆

   
  3:タイムマシーンに乗って   作詞:桜井和寿   作曲:桜井和寿

  イントロで一瞬『これミスチル!?』と思わされましたが、メロはやはりミスチルですねww
   
  元気のあるロック調の曲で、『くだらない社会』を描いたような、
  『マシンガンをぶっ放せ』や『So Let's Get Truth』と、このアルバムに収録されている、
  『everybady goes〜秩序の無い現代にドロップキック』等に似たような感じのモノだと思います。
   
  Bメロで声にエフェクトをかけているのも印象的。
   【評価】★★★☆☆

   
  4:Brandnew my lover   作詞:桜井和寿   作曲:桜井和寿

  これもイントロに驚かされた曲です。
   
  濁った感じのエレキのギターサウンドと桜井さんのボーカル。
  ベース。色々な要素で暗さがでている曲。
  3に続きこちらもロック調。3よりも濃いですね。
   
  サビの歌詞は.......性交の歌詞っぽい.....。
  あとはまたまた社会を批判するような歌詞。
   【評価】★★☆☆☆
   

  5:【en】〜Theme of es〜   作詞:桜井和寿   作曲:桜井和寿

  本当に心に染みるバラードで、イントロのアコギの音色から、
  メロの優しいエレキ。ストリングス。
  色々と優しく包み込んでくれるような壮大な曲です。
   
  歌詞は『未知の未来』への不安やらを書いた歌詞だと思います。
   
  個人的にはこのアルバムで2番目にいいと思ったシングル。
   【評価】★★★★☆
   

  6:シーソーゲーム〜勇敢な恋の歌〜 作詞:桜井和寿 作曲:桜井和寿

  かなり一般ウケを狙った感じが伺える曲。
   
  かなりアップテンポな曲で元気はつらつのポップ。
  トランペット(サックス?)の音も印象的。
  個人的には最後のサビに入る前の、プチベースソロが大好きw
   
  歌詞は何となくですが軽く『恋を批判』している感じに捉えられました。
   
  PVでは桜井さんが誰かのマネをしていて、話題を呼んだらしいです。
   【評価】★★★☆☆
   

  7:傘の下の君に捧ぐ   作詞:桜井和寿   作曲:桜井和寿

  曲は楽しくなれるような、アップテンポで、かなりポップな感じに仕上がっています。
  自分はこの曲のBメロがかなり好みですね。
   
  しかし歌詞が社会を批判している歌詞....と、
  アップテンポで社会批判の歌詞。
  いわば『everyboy goes-秩序の無い現代にドロップキック〜』と似た感じでしょうかね...。
   【評価】★★★☆☆
   

  8:ALIVE   作詞:桜井和寿   作曲:桜井和寿

  イントロからもう曲の暗さが物凄く出ています。
  7も最後はこの曲に繋げるような終わり方をしているんで、
  特にイヤになるような流れでもないです。
   
  桜井さんのボーカル。キーボードの音。歌詞。
  どれも本当に暗い。色でたとえると濃い灰色のようw
  曲の完成度はかなり高いと思います。
   
  今述べた歌詞は、『かなり孤独で人生への絶望感』を描いたような歌詞だと思います。
   
  後にベスト盤にも収録されました。
   【評価】★★★★★ MAX!!
   

  9:幸せのカテゴリー   作詞:桜井和寿   作曲:桜井和寿

  個人的にはドラムが入る前のギターをもう少し長くして頂きたかった。
  まぁ8からの流れは微妙...。しかしALIVEがかなり色の濃い
  曲なんで、まぁこのつなぎ方でも良かったかなぁ....と。
   
  この曲はかなり昔のミスチルを伺える、
  ゆったりとした柔らかいサウンドの曲。
   
  歌詞は失恋でしょうかね。
   【評価】★★★☆☆
   
  10:everybod goes-秩序の無い現代にドロップキック-
               作詞:桜井和寿   作曲:桜井和寿 小林武史
  前も述べたように、この曲も社会批判をしている曲です。
   
  曲はかなりハツラツとした元気なロック。
  こういう曲なので、次の曲への流れがちょっと・・・。
   
  自分はどうもこの曲を好きになれません....。
   【評価】★★☆☆☆
   
  11:ボレロ   作詞:桜井和寿   作曲:桜井和寿
  とにかくオーケストラが壮大。
  まさにボレロ。やっぱオーケストラってイイね。
   
  まぁ曲の方はゆったりとした曲で、個人的にはやや退屈。
   
  歌詞は『ちょっと濁った恋』....?
  いや純粋な恋といえばそうかもしれないんですが....。
   【評価】★★☆☆☆

   
  12:Tomorrow never knows(remix) 作詞:桜井和寿  作曲:桜井和寿

  ミスチルで1番売れたシングル。
   
  (remix) ということで何処が変わったのかというと、
  楽器が打ち込みから生音に変わったらしいです。
   
  で曲は本当にイイ曲。物凄く完成度が高いと思います。
  曲の所々でなっている、シンセかキーボードか解からないんですが、
  鉄琴のような綺麗な音も魅力的。
   
  歌詞は昔の出来事を思い出しながらも、
  未来への希望やら何やらを描いた歌詞だと思います。
   【評価】★★★★★ MAX!!
   
   
   

  【総合評価】★★★☆☆
  曲一つ一つで見ると、評価が高いものが多いんですが、
  アルバム全体としてはシングルが多いせいか、今ひとつまとまりがない感じ。
   
  まぁまとまりは無いんですが、
  別に悪いアルバムだとは思わないんですし、
  アルバム曲でもALIVEという最強の名曲が収録されているんで、
  一般の方には聴きやすいかなぁ....というアルバムです。



BOLERO
BOLERO
posted with amazlet on 06.11.11
Mr.Children 桜井和寿 小林武史
トイズファクトリー (1997/03/05)
売り上げランキング: 14571
おすすめ度の平均: 4.5
5 あまり参考になるものではないかもしれません
4 向日葵畑と少女と音楽と
3 「深海」から一点明るい曲調の曲が増えました


広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット