B’z10thアルバム『Brother hood』
   
   

  1:F・E・A・R   作詞:稲葉浩志   作曲:松本孝弘

  1曲目から激しいロックです。ギターリフが印象的。
  やっぱりB’zのアルバムの1曲目はこういう激しいロックが似合います。
   
  サビでの爆発的とも呼べる盛り上がり・勢いが凄い。
  稲葉さんの叫ぶような歌い方にも注目です。
   
  歌詞はドス黒い感じもしながらも明るく行け!という感じの、前向きな歌詞。

   【評価】★★★☆☆

   
  2:ギリギリChop(Version 51)   作詞:稲葉浩志   作曲:松本孝弘

  シングルのバージョン違い。
  シングルの方も十分にハードな曲なんですが、
  Version51は、イントロからさらに激しいギターサウンド。
  ベースもタッピング(?(早弾き?))でかなり激しくなっていて、
  より一層『重さ・激しさ』を増している曲です。
   
  歌詞も重さ・暗さが非常によく出ている感じで、
  タイトルどおり『人生のギリギリの淵にいる』感じ...。
   
  ちなみに自分はシングルよりこっちの方が好きです。

   【評価】★★★★☆
   

  3:Brotherfood   作詞:稲葉浩志   作曲:松本孝弘

  このアルバムのタイトルと同じ曲名。
   
  ロックバラード。
  メロ・サビ・間奏・アレンジ。どれもかなりの良さを誇っています。
  また曲全体から曲の壮大さも伝わってくる感じです。
   
  歌詞は2と一変しかなり『前向きに生きる』という感じがします。

   【評価】★★★★☆

   
  4:ながい愛   作詞:稲葉浩志   作曲:松本孝弘

  イントロ前半の優しく包み込むようなストリングスから、
  一気にこのアルバムの特色である激しいロックに変わっていきます。
   
  Brotherhoodに続きかなり壮大なバラード。
  サビでの盛り上がりが凄い...。
   
  歌詞は『自分は女性を愛しているのに、女性には冷められている』。
  といったゴタゴタした感じを描いた感じの歌詞だと思います。

   【評価】★★★★★ MAX!!
   

  5:夢のような日々
   作詞:KOSHI INABA   作曲:TAK MATSUMOTO

  これまでハードな流れが続いていたんですが、
  ここでようやく軽いポップな曲。一休みしましょう。
   
  歌詞・ボーカル・メロディもこれまでのハードだった感じが、ほとんど見れなくなってます。

   【評価】★★☆☆☆

   
  6:銀の翼で翔べ   作詞:KOSHI INABA   作曲:TAK MATSUMOTO

  イントロからトランペットが何処となく楽しい感じを出しています。
  曲も4までの激しさは伺えませんので、軽く聴けるロックという感じです。
   
  歌詞は『社会人』に対してのお説教でしょうかね。

   【評価】★★★☆☆
   

  7:その手で触れてごらん 作詞:KOSHI INABA 作曲:TAK MATSUMOTO

  ここでやや4までの重たい曲に戻った感じです。
   
  曲はちょっとサビのメロディが癖が強い感じがしますね。
  自分はそのサビがちょっと苦手ですかね。
   
  歌詞はサビがちょっとエロいww

   【評価】★★☆☆☆

   
  8:流れゆく日々   作詞:KOSHI INABA   作曲:TAK MATSUMOTO

  比較的...というかこのアルバムでは本当に静かな曲。
  ただサビでの盛り上がりはこのアルバムらしくハードです。
   
  曲の最後2分ぐらいはひたすら松本さんのギター。
  歌詞はないですが、ちゃんと浸ってください。
   
  歌詞からは『暗い人生』というのを感じました。

   【評価】★★★☆☆
   

  9:SKIN   作詞:KOSHI INABA   作曲:TAK MATSUMOTO
  サビでのストリングスの音が魅力的なありがちなバラー
  ド。
   
  このアルバムの『重さ・ハード』の点は失わず、
  全体的によくまとまった感じの曲ですね。
   
  .....ただ何となく物足りない感じはしますが。

   【評価】★★★☆☆
   

  10:イカせておくれ!  作詞:KOSHI INABA  作曲:TAK MATSUMOTO

  サビでの軽めのノリがイイ結構軽めのロックチェーン。
   
  タイトルはかなりエロい感じが伺えます。
  しかし歌詞は多少エロい部分がありながらも、
  『国境を越えて他の国にイカせておくれ!』といった印象を受けました。
   
  自分はこのアルバムでこの曲が一番好きw

   【評価】★★★★★ MAX!!
   

  11:SHINE   作詞:KOSHI INABA   作曲:TAK MATSUMOTO

  イントロの綺麗なアコギの音からは、
  『やっぱり最後はしっとりとした曲かな?』と思わされましたが、
  すぐにまたハードな色が出てきます。やっぱりそういうアルバムですねw
   
  サビでのノリ...というか勢いがまたイイ。
   
  この曲を聴くと、もしこのアルバムに続きがあれば是非聴いてみたい。
  という感触を受けました。

   【評価】★★★☆☆
   
   




   
  【総合評価】★★★★☆

  星4つ。
  かなり聴き応えのあった名盤だと思います。
   
  このレビュの中でも何度も言いましたが『かなり重たい・
  ハード』な内容。
   
  B’zのこういう激しいロックは個人的に大好き。
  あくまでも個人的ですが、名盤だと思います。
   
  かなり重たい内容なんで、一般には難しいかもしれません
  が、
  もしB’zに結構ハマったのならば、是非聴いて頂きたい1枚。


Brotherhood
Brotherhood
posted with amazlet on 06.07.07
B’z 稲葉浩志 松本孝弘
バーミリオンレコード (1999/07/14)
売り上げランキング: 24,164
おすすめ度の平均: 4.4
4 気持ち良くなるよね
5 つながりの大切さ
5 奇跡の名盤!


広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット