BUMPOFCHICKEN  1stアルバム 「FLAME VEIN」
 

  1曲目 「ガラスのブルース」
 

  タイトルに合わず、最初から荒削りに歌っていく曲。
  「K」と同じく猫が歌詞の主語として出てくる。荒い
  ながらも光る物があります。
  サビは結構ノれる。2番の途中、「ガラスの目をした猫は叫ぶよ」でボーカル以外の音が止まったので、
  「MDバグった?」と思いました。このアルバムの中でも気に入ってる曲の一つ。
 
  評価 ★★★★☆
 

  2曲目 「くだらない唄」
 
  「ガラスのブルース」とうってかわってやや大人しめな曲。
  歌い方は荒めだが、歌詞はメルヘンチック。
 
  評価 ★★★☆☆
 

  3曲目 「アルエ」
 
  ややアップテンポ気味な恋愛がテーマの曲。タイトルの「アルエ」が歌詞の主軸。自閉症なのかね。アルエって。
  歌詞はくさい。まあ凄い嫌という物でもないが。
 
  評価 ★★★★★

 
  4曲目 「リトルブレイバー」
 
  タイトルの意味から「ブレイブストーリー」を連想します。
  しかも何か歌詞の中に「とっておきの唄」という単語が入ってます。(だから何だ
  「それは曲が違うだろ」と思いました。
  ただ、サビは微妙。演奏時間も5分と長めで少し飽きる。
 
  評価 ★★☆☆☆
 

  5曲目 「ノーヒットノーラン」
 
  パワプロサイトにふさわしそうな曲です。
  1番はかなり大人しめで、なんか敗北後に歌ってるって感じだったが、2番から妙に元気になって、何が起きたんだ、と思いました。
  このアルバムの中ではあまり好きな曲ではない。
 
  評価 ★☆☆☆☆
 

  6曲目 「とっておきの唄」
 
  なかなか良い曲。
  歌詞も教科書に載ってもおかしくない内容。(何だこの表現・・・
  「リトルブレイバー」の歌詞に出てきた「とっておきの唄」ってこれなのかね。
  「リトルブレイバー」、「ノーヒットノーラン」でダレてきていた頃にこれは絶妙のタイミングで出てきた。
 どうにか次を聴く活力を取り戻すことが出来た。。
 
  評価 ★★★★★
 

  7曲目 「ナイフ」
 
  このアルバムのトリはやや早めなこの曲。
  悪い曲というわけではないが別段凄い好きな曲という
  わけでもない。可もなく不可もなくといった感じ。
  ただ、この演奏時間は6分と以上に長い。最後の曲だ
  から良かったものの、まだ次があったら確実に飽きていた。
  「ガラスのブルース」「とっておきの唄」「アルエ」と比べたら劣って聞こえる。
 
  評価 ★★☆☆☆
 


  総評
 
  全体的にかなり歌い方が荒め。
  ただ、それが嫌というわけではない。今との比較をし
  てみるのも楽しい。
  特に良かったのが「アルエ」。
  このアルバムの発売の後にシングルカットされた。
  「FLAME VEIN」初めてのシングルカットと
  なっただけあって、このアルバムの中でもかなりレベ
  ルが高い。この曲の支持者も多い。
  余談だが、このアルバム、今回レビューした曲の他に
  「バトルクライ」という曲が入っていたのだが、それ
  は廃盤になってしまって今では簡単に手に入らない。
  マジで聴いてみてぇ。
 
  評価 ★★★★☆



FLAME VEIN
FLAME VEIN
posted with amazlet on 06.11.11
藤原基央 BUMP OF CHICKEN
インディペンデントレーベル (1999/03/18)
売り上げランキング: 49291
おすすめ度の平均: 5.0
5 bumpの原石
5 BUMPの最高傑作
5 やりたい放題



広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット