ASIAN KUNG-FU GENERATION  デビューアルバム  『崩壊アンプリファー



1.遥か彼方【評価:★★★★★】
 アジカンの今までの曲の中でも一応有名なほうの曲です。
(NARUTOのOPだったみたいです)
疾走感がある感じのテンポにかなり目立つギターとベースのサウンド。
かなり激がある曲です。
歌詞が日本語ロック系統の感じでアジカンらしい1曲です。
あと、シャウトが目立つのもいい感じだったりします。
そうとうカッコイイ曲です。




2.羅針盤【評価:★★★★★】
 ライブでもかなり大人気の曲です。

万人受けするみたいでアジカン好きではこの曲が嫌いな人はいないと言われています。
ギターだけでなくドラムも目立つ曲で、様々な面でとても気持ちのいい1曲です。
歌詞もアジカン色が濃い感じです。
アジカンを聴くときはこれから聴いてもいいかもしれませんね。
(でもやっぱり「君という花」のほうがいいかも…(*ノノ) )




3.粉雪【評価:★★★★★】
 レミオの粉雪人気と共にまたアジカンを知っている人の中でブームになってきた1曲です。
レミオの粉雪と比べるのはあまり好ましくないのですが、アジカンの粉雪の方が粉雪という本来のものの意味をしっかり捉えていられていて、冬を連想される感じになっています。
それと歌詞には初期の頃の全英歌詞曲を思い出させるよな英歌詞がバックで歌われているのが特徴的な曲です。
このバックの声があるのがアジカンにしては珍しいんですが、これがアジカンらしさを出していると言えるかもしれません。




4.青の歌【評価:★★★★☆】
 題名通りにアジカンの青さを感じる1曲ですね。

歌詞が目立つ感じで青という詞の様々な意味が感じられます。
インストでも味がある曲です。
冷静な感じの歌い方が青さを引き立たせているのがイイです。
ロマンティックな歌詞が特徴的です。
最後の珍しい直での英語にも注目です!!

5.サンデイ【評価:★★★☆☆】
 何かを望んでいる様子が疑われる歌詞とアジカン独特の強烈なギターサウンドがかなり目立つ曲です。
サンデイという詞を聴くたびにサンデイの意味がわかってくる曲だったりします。
かなり日本語の組み合わせがイイ曲なんで聴いてもらいたいですね。
崩壊の中でもいろんな意味で注目の1曲です。




6.12【評価:★★★★☆】

 アルバム最終収録曲です。
総合的にアジカンらしい曲で、個人的にゴリ押ししている曲だったりします。
ゴッチンの声とギターサウンドが見事にマッチしている曲
1年間の季節の移り変わりを切なく、そして少し暖かく表現している曲です。
切ないのですが、それがクセになる曲なんですよね…
卒業シーズンにでも流行りそうな曲です。
ちなみに銀杏という詞が何度が出てきます。(キイテナイ




【総合評価:★★★★☆】

前半の曲はかなりオススメです。
一度聴いてもらいたい曲が固まってます。
でも、もう少し後の曲もいい感じだったらいいと思いました。


ジャケットもまた味がありますね。
中村佑介さんらしい仕上がりになってます。

何度聴いても飽きない仕上がりになっています。
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット