B'z5thアルバム『IN THE LIFE』
 
 
 
1:Wonderful Opportunity   作詞:KOSHI INABA   作曲:TAKAHIRO MATSUMOTO
もう聞いていただければスグに解かるんですが、かなりポップな曲です。
ただメロではギターサウンドが結構前に出されてて本当に最初のB'zと比べると、
結構ロックになってるような気もしなくはないんですがww
 
サビは本当に楽しい。
サビのメロディにあわせたサックスも非常に耳にのこりますし、
何よりもライブでの稲葉さんの振りが面白いww
 【評価】★★★★★ MAX!!
 
 
2:TONIGHT(Is The Night)   作詞:KOSHI INABA   作曲:TAKAHIRO MATSUMOTO
キーボードを多用している曲。
これぞ初期のB'zといった所なんですが、苦手な人は苦手かも....。
ただ曲全体として見ると、結構聴きやすい曲だと思います。
 
ちなみにこの曲でもサックスが登場。
 
歌詞はエロティックとまでは全然行かないんですが、
結構『大人な歌詞』といった感じですww
 【評価】★★☆☆☆
 
 
3:『快楽の部屋』   作詞:KOSHI INABA   作曲:TAKAHIRO MATSUMOTO
まずこの曲で一番気になるのが『歌詞』ですよ。
『エロティック』な歌詞にも捉える事が出来る歌詞でもありますが、
ただ単に『とにかく楽しめ』という感じの歌詞としても受け取れる歌詞。
 
イントロからギターが印象的。
これまでの流れがポップだったために、この曲はかなり濃いロックに聴こえます。
今のB'zと比べるとまだまだ薄いのかもしれませんが....。
 【評価】★★★☆☆
 
 
4:憂いのGYPSY   作詞:KOSHI INABA   作曲:TAKAHIRO MATSUMOTO
稲葉さんの一瞬のシャウトから入る曲。
メロでのアコギやキーボードの音が非常に綺麗で、エレキとアコギの絡みがイイ。
 
ただメロでは心地よかったキーボードの音も、
サビになると自分はやや不必要に感じてしまいました。
まぁあまり意識しなければ苦になるようなモノでも無いんですがね。
 
ギターソロは逸品。
 【評価】★★★☆☆
 
 
5:Crazy Rendezvous   作詞:KOSHI INABA   作曲:TAKAHIRO MATSUMOTO
おぉっ。車のエンジンを蒸かす音から始まってる曲。
同じエンジンを蒸かす音なら自分はL'Arc〜en〜Cielの『Driver's high』の方が好みですが。
 
で、車のエンジンを蒸かす音で始まるだけあってか、結構スピード感のある曲。
特にサビでは、サビのメロディにあわせたキーボードの音が風を切る感じで、
より疾走感を出しているような感じがします。
 【評価】★★★★☆
 
 
6:もう一度キスしたかった   作詞:KOSHI INABA   作曲:TAKAHIRO MATSUMOTO
かなり人気の高い曲でバラードベストにも収録された曲。
 
イントロはサビのメロディのキーボード。そこからもう曲の切なさが伺えるでしょう。
で、サビでも毎回サビのメロディにあわせたキーボードが....。
稲葉さんのボーカルも非常に切ない。
 
まぁこの曲に関しては後々詳しくやるんで。
 【評価】★★★★★ MAX!!
 
 
7:WILD LIFE   作詞:KOSHI INABA   作曲:TAKAHIRO MATSUMOTO
曲名通りに稲葉さんのワイルドな声から始まる曲。
 
サウンドは軽いポップといったところ。
個人的にはキーボードを使用せず、もっとギターやベースを強調して、激しい曲にしてほしかった。
 
歌詞も曲名通りに『ワイルド』。
この曲今のB'zがやったら面白そうなんですがねぇ。
今の稲葉さんのボーカルに激しいロック......聞いてみたい.....。
 【評価】★★☆☆☆
 
 
8:それでも君には戻れない   作詞:KOSHI INABA   作曲:TAKAHIRO MATSUMOTO
相変わらずのキーボードっぷりなんですが、そのキーボードも結構激しいw
ギターサウンドもかなり激しい。
 
で、何度か聞けるサビのメロディにあわせたキーボードはここでも.....。
サウンドは今のB'zをポップにした感じで、
今のB'zが好きな方でも普通に聞けるような曲だと思いますね。
 【評価】★★★☆☆
 
 
9:あいかわらずなボクら   作詞:KOSHI INABA   作曲:TAKAHIRO MATSUMOTO
アコギメインの曲。演奏時間は1分44秒とかなり短い。
 
手拍子の音やタンバリン(?)に、コーラスがかなり楽しい曲に仕上げてます。
しかも曲の最後にくしゃみがww
 
ただこの曲の後ろに『ALONE』を持ってくるのがどうかと....。
 【評価】★★☆☆☆
 
 
10:ALONE   作詞:KOSHI INABA   作曲:TAKAHIRO MATSUMOTO
バラードベストにも収録された9thシングル。
ベストアルバムの『Pleasure』に収録されているのは、曲の最初のコーラスが無い。
 
オルガン主体と綺麗な稲葉さんのボーカルが非常に綺麗。
エレキもやや地味ながらもしっかりと存在感を示し、素晴らしいサウンドになっています。
 
曲名の『ALONE』は日本語にすると『ひとり』という意味になり、
やや孤独な感じが伺える単語なんですが、この曲からは暖かさも垣間見れます。
 【評価】★★★★☆
 
 
 
 
【総合評価】★★★★☆
個人的にはかなりの名盤。
Wonderful Opportunityやもう一度キスしたかった、ALONE等、数々の名曲も収録されています。
 
Wonderful Opportunityのようなカナリのポップな曲もあれば、
ロックの色が見れる曲もあります。
で、何が言いたいかというと、このアルバムは
丁度B'zがポップからロックに移り変わるアルバムだと思うんですよ。
それと6thアルバムの『RUN』もそんな感じがします。
 
まぁとにかく聴く価値アリです。




IN THE LIFE
IN THE LIFE
posted with amazlet on 06.12.02
B’z KOHSHI INABA TAKAHIRO MATSUMOTO MASAO AKASHI
バーミリオンレコード (1991/11/27)
売り上げランキング: 37674
おすすめ度の平均: 5.0
5 驚異的な完成度
5 僕の二十代
5 星は当然5つでしょう。




広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット