ポルノグラフィティ1stアルバム
     『ロマンチスト・エゴイス ト』

  
 
  1:Jazz up   作詞:ハルイチ   作曲:シラタマ

  曲の前のトークは何を言ってるか少ししか聞き取れません...。
  まぁ曲の第一印象は『エロい』ですねw歌詞がw流石ポルノ...。
 
  これはロックに分類されるかポップスに分類されるか...。
   
  ライトファンには少々難しい曲だと思います。
  メロがあまりキャッチャーだとは思わないんで...。自分も少々この曲は苦手デス..。

   【評価】 ★★☆☆☆
   

  2:Century Lovers   作詞:ハルイチ   作曲:ak.homma

  流石本間さん。とてもキャッチャーなメロディだと思いますし。
  シングルで出せば結構売れたでしょうな...。
  歌詞も結構共感を呼べそうですし。
   
  ライブでも1,2を争う盛り上がりを見せる曲。
  ベースの音をもう少し前にだせばさらによくなると思うんですが...。
  ですが完成度はかなり高いです。

   【評価】 ★★★★☆

   
  3:ヒトリノ夜   作詞:ハルイチ   作曲:ak.homma

  歌詞はとても切ない感じと、...世の中...を軽く批判的に....というか、
  世の中への落胆なんかをとらえた感じですね。
  曲はロック...なんでしょうかねぇ。少しポップな感じもしますが。
  まぁポルノの王道を行くロックだと思います。
  とにかくテンポの速い曲で、耳に残りやすいメロディだと思うんで。

   【評価】 ★★★★★ MAX!

   
  4:ライオン   作詞:ハルイチ   作曲:シラタマ

  最初聞いたときはネ申キタ━━━(゜∀゜)━━━!!でしたね。
  本当にこういう曲を待ってたんですよね。
  ギター、ベース、ドラムどれも音が目立っていて、本当に 楽しめる曲です。
   
  でもライトファンには少し難しいかな?

   【評価】 ★★★★☆

   
  5:憂色〜Love is you〜  作詞:ハルイチ   作曲:ak.homma

  歌詞は失恋系ではないと思うんですが、
  失恋ソングのような哀愁感漂う切なさがありますねぇ...。
   
  また作曲が本間さんなだけあってこちらもそこそこキャッチャーなメロだと...。

   【評価】 ★★☆☆☆
   

  6:Heart Beat   作詞:ak.homma   作曲:ak.homma

  ポルノで2曲だけの作詞作曲が本間さんの曲の1つです。
  自分がこのアルバムで一番苦手な曲ですね...。どうも薄っぺらい。
   
  どうもこれは好きになれないです...。

   【評価】  ★☆☆☆☆
   

  7:マシンガントーク  作詞:ak.homma   作曲: ak.homma

  こちらも作詞作曲が本間さんのモノ。
  こちらもまた薄っぺらいかなぁとは思うんですが、
  アキヒトも今では出ないであろう高音も出ています。
  またキャッチャーなメロディと若かりしアキヒトの声が非常にマッチしていますね。
  ベースラインも結構イイと思います...。
  まぁ一般受けは結構出来そうです。

   【評価】  ★★★☆☆

   
  8:デッサン#1   作詞:ハルイチ   作曲:シラタマ

  歌詞は確かハルイチと恋人との出来事を描いたものでしたかね?
   
  曲はロック・バラードと言いましょうか...ギター、ベース
  共に良さが出てます。
  そしてこの曲の1番注目すべき点はアキヒトの声でしょう な。
  この曲の収録時も結構あの高音を出すのが辛かったそうですから、
  今じゃ絶対に聞けないあの声。是非聴いてみてください。

   【評価】  ★★★☆☆
   
  9:アポロ(New Apollo Project Version)  作詞:ハルイチ  作曲:ak.homma

  作曲がak.homma氏ということで....。
  メロディーはかなりキャッチャーだと思いますね。
   当時は詞が一発屋臭さを漂わせていたらしいです...。
  何となく自分が見ても、ちょっと勢いだけ...と言っては失礼ですが、
  本当にこのまま終わってしまいそうな感じですね。
  まぁ一発屋で終わることなく現在も頑張って活動してますがw
   
  ギターサウンドが結構イイ味出してるんですが、
  個人的にはもっとベースを前に出して欲しかったですね。
   
  曲が中途半端な終わり方を....。

   【評価】  ★★★☆☆
   

  10:ラビュー・ラビュー   作詞:ハルイチ   作曲: シラタマ

  いやぁ歌詞が暖かい(*´∀`)
  彼女との朗らかなデートを描いたものでしょうか。
   
  Tama曲にしては珍しいと曲思いますが、こういうのもイイですよ。
  一般受けもよさそうです。

   【評価】  ★★★☆☆

   
  11:ジレンマ(How To Play''didgeridoo''Version)  作詞:ハルイチ  作曲:シラタマ

  インディーズ時代からある曲。Tamaが二つ目に作った曲だそうで。
 
  ライブでもポルノ最後の曲として有名です。
   
  こちらもまた非常にアップテンポな曲で、どの楽器も非常
  に目立っていますね。

   【評価】  ★★★★☆
   

  12:リビドー   作詞:アキヒト   作曲:ak.homma

  何とも思い雰囲気の暗い曲で、このアルバム唯一のアキヒト作詞曲。
   
  曲もロックらしい曲で。
  ただ一般受けはあまりよくなさそうです。

   【評価】  ★★☆☆☆
   

  13:ロマンチスト・エゴイスト
   作詞:ハルイチ  作 曲:Ryo

  まず作曲をしたRyoさん。この方はインディーズ時代のメンバーでもなく、
  プロデューサーさんでもなく、作・編曲家だそうです....。
  結局プロデューサーなんでしょうか(´・ω・)
 
  こちらもまたキャッチャーなメロディだと思いますよ。
 
  歌詞はタイトル通り『ロマンチスト』ですね。

   【評価】  ★★★☆☆
   
   
 


  【総合評価】★★★★☆

  曲のほとんどが、インディーズ時代のモノということ
  で...。 
  どの曲も非常に良曲で、ポルノのインディーズ時代の曲が
  多いんで、
  ポルノの原点を味わえるアルバムでしょうか。
   
  本当にいいアルバムだと思います。



広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット