今日も敵軍を退けて帰還するソニック達。
 
  「ケイン。・・・準備の方は?」
 
  「OK。いつでもいいよ。」
 
  「んじゃ、実行は来週の午前2時。予定通り、ぬかりなくやれよ」
 
  「了解」
 
  ソニックの言葉に素直にうなずく各員。
 
  絶対に作戦を成功させてやる―
 
  彼らの胸の中にはその信念しかなかった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
         Symphony hatred 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  11月12日、午前1時50分。
  見張りや訓練中の兵士以外は寝静まっている。
 
  「まずは、内部をかき乱す。敵兵力をここで一気に削るぞ」
 
  「残り20秒切ったぜ」
 
  全員が、心の中でカウントダウンした。
  これからやることは、絶対失敗できない。失敗すれば、即、死刑。
 
  「5,4,3,2,1・・・」
 
  途端、鼓膜を突き破るような爆音が当たりに響いた。
  突然の出来事に慌てる兵士達。
 
  「敵襲だ! 各員、戦闘態勢に入れ!!」
 
  ヴァンが声を張り上げる。
  慌てて兵士達が持てる限りの武器を取り、ヴァンの指示された方へ向かう。
 
  「予定通り、敵が一点に集中した。・・・スティーブ!」
 
  「あいよ」
 
  スティーブが手元のスイッチを押した。
  兵士達が密集していたところが爆風に包まれる。
 余計パニックになる。
 
  「ふん。いい気味。」
 
  それでも、まだ敵は100人近くはいる。
  それらはある程度階級も上で手強い相手だが、上手く罠にはめれば倒せる。
 
  「おーい。ソニック。そろそろアレ落としていい?」
 
  ケインが何かの催促をする。
 
  「ああ。派手にやってやれ!!」
 
  「オッケー♪」
 
  一人戦闘機に乗っていたケインは、戦闘機の下部から何発もの爆弾を投下する。
  軍基地はこの空爆でほぼ壊滅状態になった。
  まだ何人かは生きてはいるが、基地が炎に包まれたのでは、到底生還できないだろう。
 
  「作戦完了♪ さて、あの要求を国家に突きつけてやるか」
 
  「だな」
 
  彼らの計画は、まだ始まったばかり。





広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット