ポルノグラフィティ4thアルバム『WORLDILLIA』
   
   
   
  1:CLUB UNDERWORLD   作詞:新藤晴一   作曲:Tama

  作曲がTamaということで。軽めのロックといった感じでしょうか。
  幻想的なイントロと、美しいキーボード(なのかな?)が魅力的。
   
  個人的な見解ですが、CLUB ってのは、
  このアルバム。つまり、『WORLDILLIA』を表してると思います。
  ということでCLUB UNDERWORLDを聴く事で、このアルバムの世界へ招待している。と、自分は受け取りました。
 
 【評価】★★★★☆
   

  2:惑星キミ   作詞:岡野昭仁   作曲:岡野昭仁

  不思議な曲ですね。どのジャンルに分けるか難しいようです。
  惑星という言葉が似合うような『ふわふわ宇宙に浮いている感じ』の曲。
  それはアキヒトの唄い方や、曲の最初から最後までバック
  で鳴っている音(楽器なのか機械の効果なのかは知りませんが...。)。
  この2つの要素が『宇宙』というイメージをさせてくれます。
  結構軽い感じがするんで、ライトファンでも好きになれそうな曲です。
   
  歌詞はアキヒトらしく、かなり人間味を帯びた感じですww

   【評価】★★☆☆☆
   

  3:元素L   作詞:新藤晴一   作曲:ak.homma

  イントロから本間さんらしさ満開ですねww
  アキヒトの唄い方。メロディ。演奏。色々と春を感じれると思います。
  またイントロから柔らかい感じのギターサウンドもオススメ。
  Cメロも本間さんらしい。軽いという印象はあまりないですが、ライトファンにもウけそうな曲。

   【評価】★★★☆☆
   

  4:Mugen   作詞:新藤晴一   作曲:ak.homma

  以前一度レビューした事があるんで。
  曲自身はイイが、流れが微妙...。

   【評価】★★★☆☆

   
  5:デッサン#3   作詞:新藤晴一   作曲:新藤晴一

  デッサン#1、デッサン#2 春光と、2つのデッサンシリーズを聴いてきたが、
  この曲だけはどこか違う感じがします。
  まぁデッサンシリーズを同じモノとして考えてはいけないんですが....。
  #2と同様、柔らかい感じの曲なんですが、#2とは一味違った柔らかさ。
  まぁ口で言うのも難しいんで、聴いてみて下さい。
   
  歌詞からは『終わりかけのカップルとその後』って感じでしょうか...。
  まぁ表現がヘタでスンマセンw

   【評価】★★★★☆

   
  6:ヴィンテージ   作詞:岡野昭仁   作曲:岡野昭仁

  あの機械的な打ち込みが好き嫌いをはっきりと分けている
  ようです。
   
  歌詞も特にイイというところは見つけられない。
  曲にも特に盛り上がる点はないんですが、
  何故か何度聴いてもあまり飽きない曲。

   【評価】★★★☆☆

   
  7:ワールド☆サタデーグラフィー(★★★)  作詞:新藤晴一  作曲:ak.homma
  以前一度レビューした事があるんで。

   【評価】★★★★☆
   

  8:素晴らしき人生かな?   作詞:岡野昭仁   作曲:Tama

  曲名から受ける印象は『明るそう』。と思う人も多いと思います。
  しかし実際は結構暗い曲で、Jazzっぽい曲。
   
  バックではクラリネットが使われているそうです。

   【評価】★★☆☆☆

   
  9:朱いオレンジ   作詞:岡野昭仁   作曲:岡野昭仁

  イントロの音。何かは解からないんですが綺麗。
  また曲全体を通してバイオリンの音が綺麗なバラードです。
   
  歌詞は『自分と向き合った』感じでしょうか。

  【評価】★★☆☆☆
   

  10:Go Steady Go!   作詞:新藤晴一   作曲:Tama

  以前一度レビューした事があるんで。

   【評価】★★★☆☆
   

  11:カルマの阪   作詞:新藤晴一   作曲:ak.homma

  個人的に本間さん作曲にしてはちょっと珍しい...というか、
  ちょっと変わった感じがしました。
   
  Aメロ、Bメロ、Cメロと、結構暗い感じのメロなんですが、サビがそれ程暗くない感じがします。
  ということでちょっとバランスが取れていない感じがします....。
   
  歌詞はとても面白いと思います。
  物語風の歌詞なんで、歌詞だけでも詠む価値アリ。

   【評価】★★★☆☆


  12:didgedilli   作曲:新藤晴一

  かなりギターを前に押し出した...というかギターメイン(?)のインスト曲。
   
  インスト曲なんですが、盛り上がれるフレーズや、面白いフレーズがあったりするので、聴く価値アリ。
   
  ベースとドラムにも注目。

   【評価】★★★☆☆

   
  13:渦(Helix Track)   作詞:新藤晴一   作曲:Tama

  以前一度レビューした事があるんで  。

   【評価】★★★★★ MAX!!

   
  14:くちびるにうた   作詞:新藤晴一   作曲:新藤晴一
  結構ファンの間では結構人気の曲。
  自分はそれ程好きではないんですが、終始安心して聴ける曲です。
  またアコギが曲の柔らかさをかもし出している感じがします。
   
  サビは結構キャッチャーなメロだと思います。
  ライトファンでも安心して聴ける曲だと思います。

   【評価】★★★★☆
   
   

  【総合評価】★★★☆☆

  自分は最初あまりこのアルバムを好きになれませんでしたが、
  最近何度も聴いてると、曲一つ一つの完成度も結構高いですし、かなり新しいポルノを感じました。
   
  このレビューで何度か一般ウケしそうと書きましたが、全体で聴くと一般ウケするアルバムではないと思いますが、こちらもまた良盤。
 一度聴いてみて下さい。



WORLDILLIA
WORLDILLIA
posted with amazlet on 06.08.12
ポルノグラフィティ
SE (2003/02/26)
おすすめ度の平均: 4.58
5 アルバム全4枚の中で最高の出来なのでは?
5 サッカーとともに歩んだポルノ
4 泣ける!








広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット